トップメッセージ

目指すは“最高のテクノロジーカンパニー”
一人ひとりの成長が、最高の組織をつくる。

代表取締役社長 岩永充正

アイレットは、代表取締役会長である齋藤将平がシステム開発会社として2003年に創業しました。2010年には「アマゾン ウェブ サービス(AWS)」の導入から構築、運用保守までをワンストップで提供するサービス「cloudpack」をスタート。創業当時から大切にしている「スピード感」と常に挑戦を続ける「ベンチャー魂」で、日本初のAPNプレミアコンサルティングパートナーに認定されるなど急激に成長してきました。

2017年にはKDDIグループの一員となり、新しい時代がスタートしました。アイレットは今、第2成長期の真っ最中であると私は捉えています。「スピード感」「ベンチャー魂」という強みに、KDDIグループという強力なアセットが加わったことで、アイレットの活躍する場は今後ますます増えていくでしょう。最終的に私が目指すのは「最高のテクノロジーカンパニー」。それに向け、この第2成長期に必要なのは、若い世代の活躍だと考えています。

アイレットのメンバーは、常に向上心をもち、それぞれの場所で力を発揮してくれています。そして、毎年加わる「新しい力」が刺激となり、成長をさらに加速させています。アイレットは、社員一人ひとりが成長することで、会社が成長してきた歴史があります。みなさんが向上心を持ち続けている限り、アイレットの成長は止まりません。新卒採用は、アイレットの成長の”原動力”になると期待しています。

本社オフィスのiretロゴプレートを背に微笑む代表取締役社長 岩永 充正

アイレットに順番待ちはない
次世代を担うのは君だ

代表取締役副社長 平野弘紀

本社オフィスのiretロゴプレートを背に微笑む代表取締役副社長 平野弘紀

私は、2005年に新卒社員第1号としてアイレットに入社しました。現在、会社の規模は何十倍も成長しましたが、当時から変わらないことがあります。それは「アイレットに順番待ちはない」ということ。「やる気さえあれば年齢・役職関係なく誰でも活躍できる」ということです。

アイレットの新卒採用の目的は「アイレットの次世代を担うメンバーを見つけること」。新卒採用を強化してから5年が経ちますが、若い世代の向上心の高さには、私も含め先輩社員が多くの刺激をもらっています。将来的には私と同じように新卒として入社し、アイレットの文化の中で成長してきた社員に、経営層に加わってほしいと考えています。そのくらい新卒社員の活躍を評価していますし、今後入社してくれる仲間にも期待をしています。

次から次へと新しいテクノロジーが登場するのがIT業界。そしてそのテクノロジーを駆使して、お客様の最強のパートナーとして世の中の課題を解決していくことがアイレットの使命です。常に変化、そして成長を続けるアイレットでは、今までに体験したことのない喜びや達成感を得られるのではないでしょうか。

ページトップへ戻る