複数オウンドメディアのサーバーレス化と New Relic を活用したモニタリング基盤構築。運用コスト効率化とオブザーバビリティ強化を実現!

アイレット株式会社

https://www.iret.co.jp

cloudpack

アイレット株式会社

課題

  • 複数のオウンドメディアを運用する中で、バージョンが異なる OS やミドルウェア、複数の Amazon EC2 インスタンスを利用しているため、運用コストの増大や障害発生時のボトルネック調査に時間がかかっていた。
  • コンテンツから得られるデータやエビデンスを1箇所に集約し、プロジェクトチーム全体で共有する仕組みが確立されていなかった。

対応と結果

  • 運用コストを考慮したサーバーレス構成への変更、New Relic を活用したモニタリング基盤の強化、ダッシュボード作成による情報集約を実施し、運用コスト効率化とオブザーバビリティ強化を実現。

アイレット株式会社(以下、アイレット)は、複数のオウンドメディアの運用コスト効率化やオブザーバビリティ強化を目的として、インフラ環境の構成変更とモニタリング基盤強化を行ないました。

複数のオウンドメディア運用のコスト増大や、チーム間での情報共有が課題に。サーバーレス化やモニタリング基盤の構築に取り組む

アイレットでは複数のオウンドメディアを AWS 環境で運用しています。しかし、OS やミドルウェアのバージョンが環境ごとに異なり、Amazon EC2 も複数台を利用しているため、コンピューティングリソースにかかる運用コストが課題となっていました。

また、障害発生時にアプリケーション側で問題があった場合、従来のインフラ監視では原因特定を行なう基盤が整っておらず、ボトルネック調査に時間がかかっていました。

さらに、運用や開発、マーケティングなど複数のチームがクロスファンクショナルな形でプロジェクトに取り組んでいる中、コンテンツから得られるデータやエビデンスの集約先がないため、プロジェクト全体で課題の共有や改善策の実施ができていませんでした。

そこで MSP(マネージドサービスプロバイダ)チームは、運用コストを考慮した構成変更、モニタリング基盤の強化、得られた情報の集約先という3つの課題に対する改善施策を行ないました。

New Relic のサービスを活用してモニタリング基盤を構築。データを集約・可視化するダッシュボードを作成し、チーム全体で効率的な運用やプロアクティブな対応が可能に

運用コストを考慮した構成変更については、サーバーレス構成にすることで運用コストの効率化を目指しました。将来的に複数 Web サイトのリソースを統合的に管理することや、マイクロサービス化によるデータ連携などを考慮して、Amazon EC2 インスタンスから Amazon EKS on AWS Fargate への変更を実施しました。また、iret.media を構成する主要リソースを Amazon EKS on AWS Fargate、Amazon EFS、Amazon Aurora Serverless に変更することで、コンピューティングリソースにかかる運用コストの削減が期待できます。

モニタリング基盤の強化と情報集約については、New Relic の各モニタリングサービスを導入しました。具体的には、アプリケーションの内部動作やトランザクションの詳細、データベースや外部システムのやり取りなど、さまざまな観点から情報を収集し可視化・分析する New Relic APM、エンドユーザーのページ読み込みエクスペリエンスを可視化・分析する New Relic Browser、複数レイヤーのサービス状態を可視化しボトルネック調査を高速化する New Relic Dashboards、特定のサービスレベル指標(SLI)に対するサービスレベル目標(SLO)を定義・可視化する New Relic Service Levels を採用しています。これにより、さまざまなデータからリアルタイムで変化する状態を取捨選択し、ユーザー満足度を維持しながらサイト運営を行なう監視基盤の構築が可能となります。

さらに、導入した4つのモニタリングサービスから得られるデータを俯瞰して観測できるダッシュボードを作成しました。ダッシュボードでは可用性やユニークユーザーのアクセス状況と応答速度、SLI/SLO、Amazon EKS on AWS Fargate のノード数やコンテナ CPU 使用率などを可視化。また、SLI/SLO およびエラーバジェット(許容可能なエラー数や時間)を設定することでサービスやシステムの信頼性の指標を可視化し、ユーザー体験の継続的な改善を行なうことができる仕組みを整えました。

Dashboardsの例

今回の取り組みを通じてサーバーレス構成に変更したことで、手動による細かな管理が不要となり、主要リソースに対するスケーラビリティ向上によって必要なときに必要なリソースが割り当てられるため、運用コストの最適化につながりました。

また、ダッシュボード作成によって異なるレイヤーの情報を集約・可視化した結果、障害発生時のボトルネック特定が容易にできるようになるだけでなく、プロジェクトチーム全体で情報共有することで、事後対応ではなく事前に問題を検出・解決するプロアクティブ型の対応や、日々のユーザー体験の維持・向上に努めることができるなど、オブザーバビリティの強化にもつながっています。

今後もアイレットは、従来のインフラ監視だけでなくオブザーバビリティの強化にも注力し、ユーザー体験の向上に寄与するソリューションを開発・提供してまいります。

(システム構成図)
アイレット株式会社システム構成図

(使用プロダクト)

  • ・AWS
    • Amazon CloudFront
    • Amazon EFS
    • Amazon Aurora Serverless
    • ALB(Application Load Balancer)
  • ・New Relic
    • New Relic APM
    • New Relic Browser
    • New Relic Dashboards
    • New Relic Service Levels

Credit

クライアントアイレット株式会社

Recent Cases