きめ細かな PoC を通じて、移行方法の最適解を導き出す。AWS の大規模マイグレーションを障害なく実現!

損保ジャパンパートナーズ株式会社

https://www.sjpt.co.jp

cloudpack

損保ジャパンパートナーズ株式会社

お客さまの課題

  • お客さまにて運用されていた既存データセンター環境において、単一障害点の存在や Windows OS のサポート期限終了に伴うシステム刷新、監視が行なわれていない等の課題が存在していた。
  • 既存データセンターの契約期限終了に伴い、社内システム群の移行および可用性を高めるための冗長化、OS 刷新、BCP 対応、監視等を実施する必要があった。

対応と結果

  • アイレットがオンプレミス環境からの AWS 移行を全面的にサポート。大規模マイグレーションの最適解をご提案・実行した結果、障害なくリリースを迎え、リリース後の安定稼働も実現した。

損保ジャパンパートナーズ株式会社様(以下、損保ジャパンパートナーズ様)の社内システムの AWS 移行プロジェクトにおける、移行提案から PoC、環境構築、移行作業までをアイレットが支援させていただきました。

全国約100拠点と連携するデータセンターの大規模な AWS 移行をアイレットがご支援

損保ジャパンパートナーズ様は、SOMPO グループ様の一員として、約100万人のお客さまに損害保険・生命保険を中心とした「安心」「安全」「健康」に資する総合サービスを提供する国内最大級の保険代理店です。

近年、SOMPO グループ様全体の方針として AWS への移行が推進される中、損保ジャパンパートナーズ様は既存データセンターの契約期限が迫っていたため、AWS への全面的な移行を計画されていました。

損保ジャパンパートナーズ様は全国約100拠点の保険販売店舗と連携しており、管理しているサーバー台数も多いことから、大規模マイグレーションのノウハウ・実績が豊富なアイレットに AWS 移行をご依頼いただきました。

PoC を通して移行に必要な全項目を事前検証。適切な解決策をご提案・実行し、トラブルのない移行を実現

今回は AWS Application Migration Service(AWS MGN)を利用し、既存ワークロードに影響を与えることのないよう、事前に PoC を通して検証・確認を行なった上で、最小限のダウンタイムで移行することをご提案・実行いたしました。PoC では AWS 環境で問題なく立ち上がることはもちろん、レプリケーションの時間計測なども含めて、本番移行の際に必要となるすべての項目を検証し、ドキュメントにまとめてご報告しました。

なお、AD サーバーの移行について検証したところ、AWS 環境側を最新の OS で構築するためには既存 AD サーバーの機能レベルを上げる必要があることが分かりました。そこで、既存 AD サーバーの Windows Server バックアップを AWS 環境にリストアして検証した上で、新規構築した EC2 と既存 AD サーバーのレプリケーションを行ない、移行を実現しました。

また、既存データセンターでは全国約100拠点の保険販売店舗から Site-to-Site VPN で接続しており、AWS 環境へ移行後も同様の構成とする必要がありました。しかし、仮想プライベートゲートウェイに接続するサーバー台数が AWS のサービスクォータ(上限値)に抵触するため、AWS Transit Gateway に Site-to-Site VPN を接続する方式をご提案・実行することで解決しました。約100拠点に VPN を設定する際は、IaC(Infrastructure as Code)ツールの Terraform を活用することで作業を自動化し、工数削減を実現しています。

災害発生時の DR 環境は AWS CloudFormation のテンプレートを作成することで、迅速に別 AZ 各システムをリストアする手順を確立しました。

このように、きめ細かな事前検証や現状の環境に合わせた移行方法のご提案など、AWS の大規模マイグレーションにおける最適解をご提案・実行させていただいた結果、大きなトラブルなく迅速に AWS 環境への移行を実現いたしました。リリース後も障害なくシステムが安定稼働しており、お客さまからもご評価いただいております。

アイレットは今後も、確かなノウハウと技術力を提供し、お客さまのビジネス発展をご支援してまいります。

<本プロジェクトに対する評価
(損保ジャパンパートナーズ株式会社様より)>

システムサポート部 課長 中山 治樹 様
システムサポート部 課長
中山 治樹 様

全社システムをクラウド上へ刷新するという大規模プロジェクトは、社内でも経験が少ない事案でした。自社だけで進めることは難しいため、いくつかのベンダーに提案依頼をしていただき、複数の提案を受けました。その中でもアイレット様は豊富な実績があり、机上の設計だけでなく移行を想定したフィジビリティも確認できたため、安心してお任せできると判断して選定しました。
全社システムを AWS クラウド上に移行するにあたっていくつもの課題が挙がってきましたが、アイレット様の細かい要件ヒアリングや迅速な解決策の提案によって、スケジュールを遅延することなく予定通りに移行が実現できました。
リリース後の運用保守については、プロジェクトにて作成したドキュメントや課題を共有しており、どのような経緯でシステムが構築されているのかが分かるため安心してお願いすることができております。

(システム構成図)
損保ジャパンパートナーズ株式会社構成図

(使用プロダクト)

  • Amazon EC2
  • Amazon RDS
  • Amazon FSx
  • AWS Transit Gateway
  • AWS Site-to-Site VPN
  • AWS CloudFormation

Credit

クライアント損保ジャパンパートナーズ株式会社

Recent Cases