Case Study

三井不動産リアルティ株式会社様 三井のリハウス 個人向け不動産仲介サイトのリニューアルと AWS 移行

三井不動産リアルティ株式会社

https://www.rehouse.co.jp/

cloudpack

三井不動産リアルティ株式会社

新サイトへのリニューアルとインフラ環境の AWS 移行

三井不動産リアルティ株式会社様(以下、三井不動産リアルティ様)は、「住まいや街の価値を活かしよりよい暮らしのために人に、社会に、こたえていく」を企業理念に、お客さまの抱える"すまい"や"くらし"の様々な課題について解決のお手伝いをすることで暮らしと社会を広く継続的に支え、住まいや街が持つ価値を活かしていくことで、"すまい"や"くらし"に貢献されています。

三井不動産リアルティ様では、個人向け不動産仲介サイトにおいて多様なコンテンツが存在するが故のアクセスにおけるレスポンスの遅延が散見され、これを優先的に改善したいといったご要望をお持ちでした。また、運用の面でもサイトの新機能実装時などにおけるオンプレミス環境でのデプロイの手間やタイムラグ、メンテナンス時間などを削減したい、より迅速な運用を行なえるようにしたいといった課題がありました。さらに、元々ウォーターフォール型開発の実施により数年かけて完成したものが要件と異なっており、柔軟性・即時性のある構成・インフラ構築を強くご希望されていました。

そこでアイレットが、それら課題の解決と共に、サイト品質の継続的・効果的な向上を実現するため、スクラム型開発手法を用いて本サイトのリニューアルにおけるインフラ構築と AWS 移行を担当しました。

AWS の新しいサービスを適切に選定し、最適な環境を実現

今回、課題の解決と要件の実現にあたり、お客様のビジネス価値に関わる機能の抽出やその優先的な実装、全体的な機能のスリム化、デザインにおけるブラッシュアップなどを行なう必要がありました。そのためにはサーバーのデプロイ速度改善や CI/CD の自動化が必須であったため、主に以下をご提案し、実現しました。

  • 継続的デリバリープラットフォームやマネージド型のビルドサービス導入による CI/CD、開発プロセスの効率化
  • キャッシュサーバー機能の活用と静的・動的コンテンツの振り分け、エッジサーバーとしての通信経路および通信速度の最適化、レスポンススピード向上
  • アプリケーションのデプロイを行なうことによる工数の最適化(自動化)
  • テストポートを用いてのデプロイテスト環境を使用した直前チェックによるデプロイ事故発生率の低下
  • マネージドなオートスケーリング機能を使用したユーザー数に影響されにくい安定したインフラパワーの供給
  • データベースの冗長化とアップグレード工数の最適化

運用面においては、コンテナによるサーバーレスアーキテクチャとマネージドサービスの活用を軸とした構成とし、Blue/Green デプロイによる無停止デプロイと工数削減を実現することなどで、課題を解決しました。また、メンテナンス時間の削減と可用性向上を目的として、マネージドなオートスケーリング機能の活用をご提案し、実装しました。

スクラム型開発を用いた綿密なコミュニケーションでお客様のビジネス価値を向上

本プロジェクトでは、スクラム型開発手法を用いた効率的な開発プロセスにより、週一回ペースでのリリースと検証が継続的に可能となり、肥大化していたサイトも必要なコンテンツを備えたビジネス価値の高いサイトへとスリム化しました。

さらには、大きな課題であったレスポンススピードも高速化され、運用においても、 Blue/Green デプロイの導入による不具合発生率の低下や無停止のデプロイ実施など、飛躍的な改善を実現しました。このようなユーザーエクスペリエンス(UX)や可用性・稼働率を向上させる取り組みの結果、新サイトでは旧サイトと比較しても高いコンバージョン率を達成することができました。

また、初期のインフラ構築はアイレットのクラウドインテグレーション事業部が担当し、アプリケーション開発はアジャイル事業部が担当するといった両者の専門性や高い技術力を存分に発揮しながらプロジェクトを進行しました。リソース配分を適切に行ない、スピード感を持ちつつ柔軟性を維持し、先を見通しながら XP 観点も考慮した進行を実施したことで、三井不動産リアルティ様からも高いご評価をいただきました。

アイレットは今後も、AWS のプロフェッショナルとして、適切で効率的なプロセス・ベストプラクティスをご提案し、お客様のビジネス発展に寄与してまいります。

Credit

クライアント三井不動産リアルティ株式会社

Recent Cases