Case Study

100台以上の基幹系ワークロードおよびExadataを「Oracle Cloud Infrastructure」に全面移行同時にマルチリージョンでの切り替えを自動化しながらBCP対応も実現

株式会社エディオン

cloudpack

株式会社エディオン様のクラウドを活用した導入事例

「Oracle Cloud Infrastructure」を活用した基幹コアシステムのクラウド全面移行

株式会社エディオン様(以下、エディオン様)は、「効用の提供と完全販売によるお客様第一主義の実現」を企業理念に掲げている家電量販店チェーンの大手企業です。コーポレート・メッセージとして「買って安心 ずっと満足」を発信し、商品の販売を通じて楽しさ・豊かさ・便利さなどの価値を提供しています。

エディオン様では、人々の働き方やライフスタイルの多様化に伴い、新規事業や事業拡大を加速するスピード経営を支えるシステム変革に取り組まれている中で、コスト削減や安定性を重視したこれまでの基幹システムを、俊敏性・柔軟性・拡張性をも兼ね備えたものへと刷新することを目的に、クラウドへの全面移行を決定されました。

当プロジェクトは、店舗におけるレジ・POSシステムを含む、会計販売領域および物流業務の基盤となるすべてのワークロードを移行するという非常に大規模なものとなります。そのため、移行先として最適なパブリッククラウドサービスを慎重に検討した結果、以下のような要件を実現するため、日本オラクル株式会社の「Oracle Cloud Infrastructure」(以下、OCI)を採用する運びとなりました。

  • ・「Oracle Exadata」を含む100台以上で構成される基幹系ワークロードを一括移行する
  • ・ビジネス継続性の担保および災害対策として国内で複数のロケーションを利用する
  • ・要件定義から本番およびDR環境構築、各種ソフトウェアのバージョンアップ、移行までの全プロセスを11カ月で完了する
  • ・移行時のシステム停止は3時間以内とする
  • ・移行は自社(エディオン様)主導で行う

OCIは、クラウドネイティブおよびエンタープライズ企業のITワークロードを実行するために、オンプレミスの高性能コンピューティング能力、さらにはエンタープライズ・アプリケーションにリアルタイムの柔軟性を提供するものとされています。アイレットは、基幹システムの移行支援から、その後の監視・運用フェーズまで担当し、このOCIの特徴を最大限活用するためのご支援を行いました。

まず、大阪リージョンをメイン環境、東京リージョンをスタンバイ環境とする、マルチリージョンを活用した環境を構築しました。これにより、移行中もそれらを切り替えながらの作業が可能となり、業務を中断する必要のないスムーズな移行を実現しました。今回の移行は基幹システムが対象であるが故、ミスのない慎重な作業と迅速なスケジュールを非常に高いレベルで求められるものでしたが、アイレットの豊富な知見と高い技術力により、上述した要件を含め、お客様のご要望に大いにお応えできたものと考えております。

また、監視アプリケーションサービスである「Datadog」とオープンソースの構成管理ツールである「Ansible」および「Terraform」を活用し、大規模なシステム環境での効率的な監視・運用を可能としました。監視・運用のスケジュールにおける最適なカスタマイズや、定期的なメンテナンス実施など、これまで日々手作業で行っていた部分を最大限自動化したことで、オペレーションミスによる人為的なトラブルの防止に加え、運用に関わる作業時間の短縮も実現しました。

コードベースの構成管理により、災害対策におけるアクティブなデータセンタ切り替え作業を自動化し、切り替え時間の極小化にも貢献しています。

今回の移行により、エディオン様の負荷軽減や業務効率改善が実現され、大いにご満足いただくことができました。

アイレットは今後も、これまでに蓄積してきた知見やノウハウを余すところなく提供し、お客様の環境改善と生産性向上に寄与することで、本来のビジネスに集中していただくためのご支援を続けてまいります。

システム構成図
システム構成図

Credit

クライアント株式会社エディオン

Recent Cases