Section

Section 事業部紹介

ビジネス現場における会議の様子

アジャイル事業部とは

アジャイルに(スピーディーに)、アジャイル開発・ウォーターフォール開発の両方に対応可能な事業部です。
いずれの開発方法にも豊富な実績があるからこそ、お客様に最適な開発スタイルでビジネス発展をサポートします。

事業部長

アジャイル事業部 事業部長 平野健介

IoT 分野・最新技術の豊富な知見とノウハウ

市場や事業環境の変化が激しい昨今の状況において、開発途中で状況やニーズがガラリと変容し、仕様を一から見直さなければならなくなることが常に起こり得ます。また、リリース後も状況に応じて継続的な機能の変更、強化を図らなければならないはずです。そのようなシステムの開発には、アジャイル開発の手法で臨むことが必要で、そこに実践スキルのある当社がお手伝いできる機会が多くあると考えています。臨機応変かつスピーディな対応で、お客様のビジネス発展を支援します。ぜひお気軽にご相談ください。

アジャイル事業部 事業部長 平野健介

私たちの強み

共同チームでプロジェクトを加速させる「スクラム開発」を導入

アジャイル開発における開発手法「スクラム開発」とは、ラグビーの「スクラム」のように、チームががっちりと連携し合って開発を進めていく手法のこと。お客様を含めた共同チームで企画から話し合い、目標達成のために全員で協力して開発を進めていくことが特徴で、チーム内のコミュニケーションが非常に重要となります。開発スピードも速く、開発途中での方向性の転換や仕様変更にも柔軟に対応することができます。

プロジェクトを成功に導くための多様なご支援が可能

アジャイル開発にはお客様のプロダクトオーナー(PO)がプロジェクトにコミットいただくことが不可欠となります。その上で、アイレットでは必要に応じて PO 業務のサポートや、外部の専門スクラムコーチと連携したワークショップ開催など、プロジェクトを成功に導くための様々なノウハウを提供することが可能です。

IoT ・新技術の豊富な知見とノウハウ

アイレットは、クラウド基盤の構築・運用だけではなく、クラウド上で稼働するアプリケーションの開発まで事業の幅を拡大し、IoT 分野において KDDI と共に最先端の開発案件を手がけています。ドローンや音声DX、AI活用など、これまでに培った技術ノウハウを最大限に活かすことはもとより、新しい技術をいち早く吸収し、お客様の新規事業創出に貢献していきます。

導入事例

テクニカルアンバサダー

アジャイル事業部 本間 崇平

本間 崇平

アジャイル事業部

アジャイル事業部 玉衛 淳輝

玉衛 淳輝

アジャイル事業部

第一開発事業部
第四開発事業部
第五開発事業部
カスタマー支援事業部
デザイン事業部
クラウドインテグレーション事業部
営業部
コーポレート統括本部
事業推進本部
情報システム室
内部統制推進室