Google Cloud に CI/CD を導入し、タイトな開発期間に対応。見積・発注依頼を DX 化するポータルサイト開発

株式会社KTS

https://kts.kotobuki.co.jp

システム開発

株式会社KTS

お客様の課題

  • 取引業者からの見積・発注依頼をメールや電話で受けていたため、必要資料の過不足などの確認作業ややりとりに工数がかかっていた。

対応と結果

  • 取引業者向けポータルサイト「ダイレクトオーダーシステム」を開発。

株式会社KTS様(以下、KTS様)は2024年1月31日、取引業者からの見積・発注依頼を DX 化するポータルサイト「ダイレクトオーダーシステム」をリリースしました。本サイトの開発をアイレットが担当させていただきました。

取引業者からの見積・発注依頼を DX 化するポータルサイト開発を計画

KTS様は、主に公園などに置かれている遊具やベンチの保全事業を展開する企業。専門技術と知識を生かし、施設・設備の修繕・維持に努めることで、公園等のオープンスペースに集まるすべての人が快適に、楽しく過ごせる環境づくりを行なっています。

腐食や劣化、塗装の剥がれなど補修が必要な遊具やベンチについて、部材交換や補修を施すことで再び使用できるようにするのが修繕業務です。同社は取引業者から、遊具等の部品や修繕が必要な際にメールや電話で見積・発注依頼を受けていました。

しかし、これまでの手段だと取引業者からの依頼内容の中に必要な情報が含まれていないためにコミュニケーションコストが発生するケースが多発していました。また、同社が年間で扱う案件数は膨大であり、依頼内容がどの案件のものなのかを管理するためのコストが高いことが課題となっていました。

そこで、取引業者からの見積・発注依頼に関わる作業を DX 化すべく、ポータルサイトの開発をアイレットにご依頼いただきました。

モックアップ作成や CI/CD の導入により、タイトなスケジュールに合わせた開発プロセスを提案・実行

本プロジェクトは開発期間が短かったため、MVP(Minimum Viable Product)を念頭に必要最低限の Web サイトをスピーディに開発し、エンドユーザーのフィードバックを受けながら改善していくことを目指しました。

通常は画面設計書や処理設計書などの設計書を用いて要件を固めることが多いのですが、今回はプロジェクト開始直後から Web アプリケーション開発用のフレームワーク Laravel を活用してモックアップ画像を作成。お客様に実際の画面をご確認いただきながらフィードバックやご要望をいただくことで、認識の齟齬なくスムーズに開発を進めていきました。

クラウド環境はお客様の社内システムである公園管理システムで利用している Google Cloud を採用。コード変更を実行した際のテストやデリバリー、デプロイを自動化する CI/CD(継続的インテグレーション/継続的デリバリー)を導入することで、開発効率を高めています。

また、メインの見積依頼機能や発注依頼機能については、メール配信システムの SendGrid を活用し、開発スピードの向上を実現しています。

今回リリースした取引業者向けポータルサイト「ダイレクトオーダーシステム」により、取引業者へシームレスな受発注プロセスを提供することで、更なる売上の創出に寄与します。また、販売資料や図面、現地調査資料などもポータルサイト上で円滑に共有できるようになりました。

アイレットは今後も、お客様に寄り添い、伴走することで、課題の解決とビジネスの発展をご一緒に実現してまいります。

(システム構成図)
株式会社KTS構成図

(使用プロダクト)

  • ALB(Application Load Balancer)
  • Cloud Load Balancing
  • Cloud Run
  • Cloud SQL
  • Artifact Registry
  • Cloud Build
  • Cloud Logging
  • Cloud Storage
  • GitHub
  • Laravel

Credit

クライアント株式会社KTS

Recent Cases