News

アイレット、東京都が認定する「テレワーク東京ルール」実践企業に認定

2021.03.05Press release

システム・アプリケーションの開発、グラフィック・UI/UXデザイン制作からインフラの構築・運用までをワンストップで提供するアイレット株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:岩永充正、以下 アイレット)は、令和3年2月13日に、東京都が提唱する「テレワーク東京ルール」実践企業宣言に賛同し、実施企業として宣言を行い認定されたことをお知らせいたします。

「テレワーク東京ルール」実践企業宣言書 私たちはテレワークを実施し、ビジネス革新、地域活性化、危機管理を実現します。

■アイレットの宣言

アイレットでは、テレワークへの取り組みとして以下の通り宣言しました。

  • 週3日・社員6割以上のテレワークを実施します
  • 研修は在宅でeラーニングでの実施とします
  • 感染症(コロナウイルス、インフルエンザ等)の拡大時は原則テレワークとします

アイレットでは、一部業務を除き、かねてより指定感染症「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)」拡大防止への対策として、2020年3月より在宅勤務を推進しています。また、その影響が長期化する可能性を踏まえ、2020年10月からは在宅勤務をベースとした新しい働き方を促進しています。

それに伴い、在宅勤務の実態を把握して施策へ反映させるべく社内でアンケートを実施し、継続的な在宅勤務体制に向けた制度として、1人5万円の「環境設備補助金」および毎月2万円を支給する「在宅勤務支援手当」を導入しています。

また、新入社員・内定者向けの研修をオンラインにて実施し、リモート環境でも積極的な人材育成を行うとともに、採用活動においても採用イベント・会社説明会から面接などの選考、さらには入社式に至るまですべてのプロセスをオンラインにて実施しています。

アイレットは今後もテレワークを推進し、社員同士におけるコミュニケーションの活性化や、業務効率化による生産性やサービス品質の向上に努めてまいります。

■「テレワーク東京ルール」実践企業宣言とは

東京都は、「テレワーク東京ルール」の普及推進に連携・協力して取り組んでいくため、令和2年9月、公労使による「新しい東京」実現会議において、共同宣言を行いました。その中で、テレワークを一過性のものとすることなく、促進・定着に向けて、テレワークで実現する戦略ビジョンを定めています。
「テレワーク東京ルール」実践企業宣言制度とは、テレワーク戦略ビジョン5つの戦略を踏まえ、各企業がその実情に応じて、独自のルールを策定し宣言する制度です。

【アイレット株式会社 会社概要】

会社名:アイレット株式会社 https://www.iret.co.jp/
設立:2003年10月
所在地:東京都港区虎ノ門1-23-1 虎ノ門ヒルズ森タワー7階・24階(7階受付)
代表者:代表取締役社長 岩永充正
資本金:7,000万円
主要株主:KDDI株式会社
事業内容:Webシステム開発、スマホアプリ(iOS/Android™)開発・運用、クラウドを活用したインフラ設計・構築・運用のフルマネージドサービス「cloudpack」の提供、デザイン制作

※cloudpackおよびクラウドパックの名称は、アイレット株式会社の登録商標です。

【本件に関するお問い合わせ】

アイレット株式会社 事業戦略本部 pr@cloudpack.jp
TEL:050-3818-1853 (広報担当:馬場)
URL:https://cloudpack.jp