ニュース News

IoT x マーケティングの新潮流!消耗品の利用状況を把握してビジネスに活用
アイレット、京セラ、ソラコムの3社による導入支援パッケージの提供開始
- 今ある製品をIoT化!センサー選びから通知システムまで一貫してサポート -

2020年7月14日

3社のロゴ

アイレット株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 岩永 充正、https://www.iret.co.jp/、以下アイレット)、京セラ株式会社(本社:京都府京都市、代表取締役社長 谷本 秀夫、https://www.kyocera.co.jp/、以下京セラ)、株式会社ソラコム(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長 玉川憲、https://soracom.jp/、以下ソラコム)は、3社それぞれの強みを活かし、製品をIoT化することで消耗品の利用状況の把握・次の購入・補充を促す時期通知を実現するための「消費動向把握IoT導入パッケージ」を提供開始します。

昨今、水やコーヒーなどの飲料や、消毒剤、洗浄剤などの衛生製品、飼料、肥料などの生産財、リース品、レンタル品を提供する企業では、利用状況に応じて、消耗品のカートリッジやパックの充填または交換を行う場合があります。
企業にとって、ユーザーへのオンデマンド発注対応や配送の最適化、さらにはオンラインとオフラインをシームレスにつなぐ新たなユーザー体験の提供への関心が高まってきています。

本パッケージの提供にあたって、京セラは、製品の利用状況データ取得の仕組みをセンサー等を用いて実現するハードウェアの設計・製造を担当し、ソラコムは、ハードウェアとクラウドをつなぎ、データを送信する通信プラットフォームを提供、アイレットは、取得したデータを管理するクラウドと、グラフを用いた可視化やアラート通知などのアプリケーションの開発・運用を担当します。それぞれの企業の持つノウハウを活かして担当することで、一気通貫でIoT活用をサポートします。

生産財、リース品、レンタル品など、製品を提供されている企業は、本パッケージを利用することで、ユーザーの利用頻度や、消費動向の把握ができるようになります。これらのデータをマーケティングや顧客提案、よりよい製品開発・改善に活かすことはもちろん、残量を把握し次回注文時期の決定、配送の最適化にも役立てることができます。さらに、利用状況にあわせた月額課金(サブスクリプション)や、自動発注システムなどの新たなビジネスモデル構築の一助ともなります。

なお今回のパッケージには、1)試作、2)ユーザーテスト、3)商用展開の3つのフェーズに区切って提供します。本パッケージでは、一から企画すると時間を要する試作フェーズを、三社のノウハウを活用し、3ヶ月~という短期間で実現します。

IoTがもたらす「モノのサービス化」は、周辺技術の成熟により、より身近になってきています。三社は、本パッケージを通じて、消費財、リース品、レンタル品などの製品を提供する企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)と、IoTによる新しいユーザー体験の提供をサポートしていきます。

1. 消費動向把握IoT導入パッケージの概要

  • このサービスをご利用いただくメリットのあるお客様対象ユーザー:
    • 消費財、リース品、レンタル品をご提供されている企業様
  • 本パッケージで実現する機能
    • 製品の利用状況(利用頻度や、利用機能)のリモートからの把握、一括管理
    • 消費財の残量検知とアラート通知
  • ご支援期間:3ヶ月~
  • ご支援内容:
    以下の消費把握IoT活用の「試作フェーズ」を支援します。
    1. キックオフ:ビジネスゴールと仮説の明確化
    2. 仮説を検証するための要件整理
    3. 試作(センサーなどのハードウェアから通知システムまで一貫)
    4. テスト実施
    5. 結果報告

2.IoTプロジェクトの進め方

導入支援パッケージ: デバイス〜専用ポータルまで一気通貫でサポート 概念図

試作フェーズ:「消費把握IoT導入パッケージ」のカバー範囲
消費動向を取得するためにどの製品をどのようにIoT化し、取得したデータをどのようにビジネスに活かすか、といった技術面、ビジネス面のゴールを明確化し、仮説を検証するためのプロトタイプを設計、開発しご提供します。(デバイスは1台〜数台を想定)
ユーザーテストフェーズ:
お客様先に設置し、実際に利用していただくことで、ユーザー視点で利用体験を整理し、商用展開のための改善項目を明らかします。(デバイス数は10台程度を想定)
商用展開フェーズ:
商用展開を踏まえ、全体コスト最適化の観点からシステムを再設計し、システム導入のための体制を計画します。(デバイス数は100台以上を想定。本パッケージに加え、追加のサービス開発も相談応)

3. 3社でIoT活用をご支援したお客様事例

IoTプロジェクト3つのフェーズ 試作・ユーザーテスト・商用展開

<お客様からのエンドースメント>

UCCグループであるソロフレッシュコーヒーシステム株式会社では、オフィスでハンドドリップの美味しさが味わえるカプセル式の一杯抽出型コーヒーサービス『ドリップポッド』を提供しています。より良い顧客体験の追求、在庫の適正化を目指してドリップポッドを通じて顧客の消費動向を把握する取り組みを検証しました。
昨今注目されているIoTの技術に着目しましたがデバイス、通信、アプリなど取り組みを始めるためには非常に多岐にわたる知識、調整事が想定されました。初めての試みではありましたが、このパッケージのサポートによりプロジェクト全体のシームレスな連携と質の高い設計・実装が実現され質の高い検証を実施することができました。
今後は商用展開に向けて、検証結果を踏まえてお客様にとってより価値の高いサービス構築に取り組んでいきます。

お客様事例 ソロフレッシュコーヒーシステム(UCCグループ)様

ソロフレッシュコーヒーシステム株式会社(UCCグループ)
事業開発部、部長
西野 壮平様

4. 各社の紹介、本パッケージにおける役割

アイレット株式会社

アイレット株式会社は、システム・アプリケーションの開発、グラフィック・UI/UX デザイン制作事業、アマゾン ウェブ サービス(AWS)などのクラウドサービスにおける導入・設計から24時間365日の運用・保守までのフルマネージドサービス「cloudpack(クラウドパック)」をワンストップで提供しています。2013年に、AWS パートナーネットワーク(APN)プログラムの中で最上位のパートナーである「APN プレミアコンサルティングパートナー」に日本初の1社として認定され、以来8年連続で保持しています。本システムにおいては、Webアプリケーションの開発および、サーバーの運用・保守を実施し、お客様のIoT導入を支援します。

URL:https://cloudpack.jp
お問い合わせフォーム:https://cloudpack.jp/contact/form/

京セラ株式会社

京セラは国内通信機器メーカーとして、約30年にわたり携帯電話、通信モジュールの開発、製造に携わってまいりました。その経験を活かし、これまでもIoT分野においてはLTE™-M ButtonやGPSマルチユニットといった小型でユニークなIoT機器を提供しています。
本パッケージでは当社がこれまでの事業で培ったセルラー通信やセンシングや小型化技術といった経験やノウハウを必要とする試作デバイスの開発とトライアル支援を担当します。

・GPSマルチユニット(上記 ソロフレッシュコーヒーシステム様事例にて使用)
GPSマルチユニット

・京セラIoT通信機器・通信モジュール 製品情報
https://www.kyocera.co.jp/prdct/telecom/office/iot/index.html

株式会社ソラコム

株式会社ソラコムが提供するIoTプラットフォーム「SORACOM」は、あらゆるモノをつなぐセルラーやLPWAといったIoT通信とシステム構築に必要となる様々なサービスを提供します。1回線から利用可能、契約はインターネット上で完結、ブラウザやAPIから各種設定や回線管理が可能といった特徴から、大企業からスタートアップまでさまざまな業界の15,000を超えるお客様にご利用いただいています。本システムでは、モノの利用状況管理・通知サービス「S+ Smart Notification」を利用します。

URL:https://soracom.jp/soracom_plus/smart_notification/

※LTEは、ETSIの商標です。
※その他の社名および商品名は、それぞれ各社の登録商標または商標です。

【本件に関するお問い合わせ】

アイレット株式会社 事業戦略本部(広報担当:馬場)pr@cloudpack.jp
TEL:050-3818-1853

京セラ株式会社 広報室 本社 TEL:075-604-3514/東京 TEL:03-6364-5503

株式会社ソラコム 広報:田渕 pr@soracom.jp