ニュース News

クラウドマネージドサービス
「Rackspace Service Blocks™ for AWS」を
5月26日から提供開始
~グローバルでのAWS構築運用ノウハウを生かし、企業のDXと事業継続を支援~

2020年5月26日

KDDI株式会社 (本社:東京都千代田区、代表取締役社長:髙橋 誠、以下 KDDI)、アイレット株式会社 (本社:東京都港区、代表取締役社長:岩永 充正、以下 アイレット)は、法人のお客さま向けに、グローバルで豊富な実績を誇るRackspace Hosting, Inc. (本社:San Antonio,Texas, United States of America、CEO:Kevin M. Jones、以下 Rackspace)のアマゾン ウェブ サービス(以下、AWS)の設計構築から保守運用までサポートするクラウドマネージドサービス「Rackspace Service Blocks™ for AWS」(以下 本サービス)を、2020年5月26日から提供開始します。なお、Rackspaceのサービスの提供は、日本初(注)となります。

図:「Rackspace Service Blocks™ for AWS」3社の役割り

<3社の役割り>

■背景

・企業におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)の加速を背景に、クラウドサービスの利用が拡大しています。また、パブリッククラウドと企業が自社で構築するプライベートクラウドとの連携など、ハイブリッド化も進んでいます。

・一方で、クラウドサービスはアップデートの頻度が高く、サービスの種類も多岐にわたるため、最新トレンドの把握や、サービス内容の進化に合わせた構築・運用を常に行う必要があり、クラウド導入に伴う企業の負担は増大しています。

■本サービスの特長

・高品質のクラウドマネージドサービスを安定して継続的にご提供します。

・高度な専門知識を持った専門家がクラウドの構築から運用までサポートし、クラウド運用の標準化や自動化による効率化などにより、お客さまのDXを支援し事業拡大に貢献します。

・業務のオンライン化、地域への分散など、耐障害性の高いインフラであるクラウドの企業導入をサポートし、災害時や緊急事態におけるお客さまの事業継続にも寄与します。

RackspaceのManaging Director of Asia Pacific/Japan (APJ), Sandeep Bhargavaは次のように述べています。

「日本の企業がクラウドに移行し、クラウドインフラのメリットを活用することでDXの目標を達成できるよう、KDDIとアイレットと協力して支援できることを非常に嬉しく思います。RackspaceのService Blocks™を利用することで、企業は特定のビジネスニーズに合わせてソリューションをカスタマイズすることができ、その結果、価値を最大化し、あらゆる形態の冗長性を削減することができます。特にさまざまな事業リスクに対する備えとしては、リモートワークやデジタルワークプレイスによる事業継続の支援が重要です。Rackspaceは、現地組織をサポートし、定評のあるFanatical Experience™のノウハウを用いて、最高品質レベルのクラウドサービスを提供することをお約束します。」

<参考>
「Rackspace Service Blocks™ for AWS」について(https://biz.kddi.com/service/security-managed/rackspace/
Rackspace (powered by iret) (https://rackspace.jp/
KDDI株式会社 (https://www.kddi.com/
アイレット株式会社 (https://www.iret.co.jp/

■「Rackspace Service Blocks™ for AWS」について

1. 本サービスの詳細

・クラウドサービスのライフサイクル管理に必要な要素を3つの機能に分け、AWS向けに「Rackspace Service Blocks™」として提供します。

・これにより、お客さまのニーズに合わせたサービスを必要な分だけ迅速に導入することが可能です。

図:「Rackspace Service Blocks™ for AWS」サービス内容

区分 内容
Platform Essentials
(基本サポート)
プラットフォームのサポートと、アカウント・コスト管理ツールを提供します。
※サービスご利用には本ブロックのお申込が必須となります。
Architect & Deploy
(設計・構築)
新規プロジェクトに係る設計と構築、プロジェクトの推進に必要なエンジニアリングリソースを提供します。
Managed & Operate
(運用・管理)
24時間365日の監視・運用と、運用自動化機能を提供します。

2. 提供料金

・AWS利用料金とService Blocks利用料金を合わせて、月額料金で提供します。

料金内訳

区分(月額料金) 内容
①AWS利用料金 AWS利用量に応じたAWS利用料
②Service Blocks利用料金 AWS利用料に応じて発生する各Service Blocksの利用料

料金モデルケース(AWS利用料金が月額100万円(税抜)の場合)

区分(月額料金) 料金(税抜)
①AWS利用料金 100万円
②Service Blocks利用料金 Platform Essentials 19.5万円
Architect & Deploy 28万円
Managed & Operate 13.5万円
合計 161万円

3. お問い合わせ

KDDI 法人営業担当者または法人お客さまセンターまでお問い合わせください。

<法人お客さまセンター>
フリーコール0077-7007 (無料)、フリーコール0120-921-919 (無料)
受付時間: 9:00~18:00 (土・日・祝日・年末年始を除く)

(参考)

2019年4月9日 ニュースリリース
KDDI、アイレット、Rackspace クラウド事業に係る戦略的提携に向け基本合意
https://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2019/04/09/3714.html

(注)Rackspace調べ

※Amazon、アマゾン ウェブ サービス、Amazon Web Services、およびAWSは、米国および/またはその他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。