ニュースNews

システムのAWS移行をスムーズに実施する手法をまとめたドキュメントを公開〜『migrationpack』によるAWS移行実践ホワイトペーパー〜

2017年12月5日

アマゾン ウェブ サービス(AWS)を基盤とした24時間365日のフルマネージドサービスを提供するcloudpack(クラウドパック、運営:アイレット株式会社、本社:東京都港区、代表取締役社長:齋藤 将平)は、オンプレミスで稼働するシステムのAWSクラウドへの円滑な移行を支援する『migrationpack(マイグレーションパック)』をモデルケースとしたAWSへの移行手法や責任共有モデルの変更などの注意点をまとめた『migrationpack』によるAWS移行実践ホワイトペーパーをホームページで公開しました。

『migrationpack』によるAWS移行実践ホワイトペーパー
ダウンロードURL:https://cloudpack.jp/whitepaper/migration.html

■高まるクラウド移行ニーズ

AWSクラウドをはじめとするクラウドの普及が進むにつれ、オンプレミス環境で稼働している業務・基幹システムなどをクラウド環境へ移行したいというニーズが高まっています。その理由として挙げられるのが、クラウドのイノベーション効果やリプレイスサイクルからの解放です。オンプレミス環境における大きな性能向上や機能拡大は、システムのリリースやリプレイスなど限られた機会に実現されていましたが、クラウドでは、新サービスや新機能のリリースや機能改善が日々行われており、イノベーションの恩恵を日常的にビジネスの拡大や改善に活かすことが可能です。

■AWS移行のベストプラクティスを凝縮

AWSクラウドへの移行は、最初に現行システムのアセスメントを行い、検討項目を詳細に洗い出す必要があります。さらにシステムをAWS環境へスピーディに移行させるための設計・構築、そして適切な運用を行っていくにはAWSクラウドに関する高い知識と経験が求められます。そこでcloudpackは、高まるクラウド移行のニーズを背景に、AWS移行で課題を抱える企業を支援するために2017年6月より『migrationpack』の提供を開始しました。

『migrationpack』のサービス内容(ホワイトペーパー第4章より)

『migrationpack』のサービス内容(ホワイトペーパー第4章より)

『migrationpack』では、お客様の社内やデータセンターなどのオンプレミス環境で稼働するサービスやシステムをAWS環境への移行に必要なアセスメントから、要件定義、移行設計、AWSクラウド上のシステム構成、運用設計、AWS環境の構築・移行作業、運用保守、さらに不要になったハードウェア機器の買い取りまで、cloudpackがお客様のAWS移行を強力に支援します。

『migrationpack』には、AWS移行のプロフェッショナルであるcloudpackのベストプラクティスが体系的に盛り込まれています。cloudpackは、AWSのパートナーの中で最上位である『プレミアコンサルティングパートナー』に6年連続で認定されているほか、システム環境のAWS移行に関して計画フェーズから実施フェーズに至るまで優れた実績・専門的なスキルを持っていることをAWSが認定する『移行コンピテンシー』を有しています。

『migrationpack』プロジェクトにおける責任共有モデル(ホワイトペーパー第4章より)

『migrationpack』プロジェクトにおける責任共有モデル(ホワイトペーパー第4章より)

本ホワイトペーパーでは、システムのAWSクラウドへの移行を検討されている方を対象に、エンタープライズにおけるAWS移行の基礎知識から『migrationpack』をモデルケースにしたシステムを円滑にAWSクラウドへ移行する際の手順から事前の確認事項、移行プロジェクトの進め方、責任共有モデルなどを解説しています。

【『migrationpack』によるAWS移行実践ホワイトペーパーの主な内容】

  • クラウド移行によるメリット、AWS移行の基礎知識
  • 『migrationpack』の概要/活用によるメリット/責任共有モデル
  • 『migrationpack』のお申し込みからプロジェクト完了までの流れ
  • 移行後の運用サポートについて

【その他のcloudpackホワイトペーパー】

cloudpackでは、AWS活用およびcloudpackサービスの透明化の促進、cloudpackを利用される企業との相互理解を目的に、本リリースのホワイトペーパー以外に、多数のホワイトペーパーを公開しています。(各ダウンロードはhttps://cloudpack.jp/whitepaperから行えます)

  • 『セキュリティホワイトペーパー』
  • 『サポートデスクホワイトペーパー』
  • 『サーバーレス開発ホワイトペーパー』
  • 『専用線接続ホワイトペーパー』
  • 『プロジェクト管理ホワイトペーパー』
  • 『ライブストリーミングホワイトペーパー』
  • 『Trend Micro Deep Security™運用ホワイトペーパー』
  • 『cloudpack請求代行 活用ホワイトペーパー』

【cloudpackについて】

cloudpackは、Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2)やAmazon Simple Storage Service (Amazon S3)をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。2013年6月4日には、AWSパートナーネットワーク(APN)(※1)において、日本初のAPNプレミア コンサルティングパートナーの一社として認定されたのをはじめ、その後6年連続で認定されています。

運営会社名:アイレット株式会社 https://www.iret.co.jp/
所在地:東京都港区虎ノ門1丁目23-1 虎ノ門ヒルズ森タワー7階
資本金:7,000万円
事業内容:クラウド導入事業、モバイルアプリケーション開発事業、システム開発、システム運用・保守事業、サーバーハウジング・ホスティング事業

【本件に関するお問合わせ】

アイレット株式会社 cloudpack事業部 pr@cloudpack.jp
TEL:0120-677-989 (担当:増田、羽鳥) URL:https://cloudpack.jp/
お問い合わせフォーム:https://cloudpack.jp/contact/form/

(※1)AWS パートナーネットワーク(APN)とは、AWSのエコシステムを支える重要な独立系ソフトウェアベンダー(ISV)、SaaSベンダー、PaaSベンダー、開発者用ツールベンダー、管理/セキュリティベンダーやシステムインテグレーター(SI)、戦略コンサルタント、リセラー、代理店、VARによって構成されております。

アマゾン ウェブ サービス、AWS,Amazon Elastic Compute Cloud, Amazon EC2、Amazon Simple Storage Service、 Amazon S3、は、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。Trend Micro Deep SecurityおよびDeep Securityは、トレンドマイクロ株式会社の登録商標です。cloudpack、クラウドパック、migrationpackは、アイレット株式会社の登録商標です。その他、記載されている会社名および製品名は、一般に各社の商標です。