KOH KOMAZAWAcloudpack事業部駒澤 皓

仕事を通じて自分の成長が
感じられるのが楽しい。
伸び続けている会社なら、
もっと楽しい。

リアルイベントと連動した仕事は真剣勝負

スポーツやテレビ番組など、リアルな世界で進行するイベントに連動するWebサイトを運営する仕事を担当しています。イベント中にアクセスして楽しんでもらう情報配信サイトなので、とにかくイベント中はサーバーを落とさないことが私の役割です。スポーツイベントに関わる仕事が多いのですが、スポーツって後から結果だけ知っても面白さ半減だと思うんです。選手の動きや試合の動向をリアルタイムに追いかけられて、はじめてそのスポーツの面白さや楽しさが伝わる。スポーツの運営側やファンの期待に応えるITインフラのお手伝いをする醍醐味のある仕事だと思っています。
社会人になってからキャリアを変更する事態に見舞われましたが、私は目の前にあることに一生懸命に打ち込む性格です。一生懸命やるうちにたくさんの人たちと出会って、新しい世界が見えたり、広がる世界がありました。働くうちにやりたいこと・やれることなんてどんどん変化していくんだから、瞬間ごとに熱くなれる仕事に飛び込めたらいいと思っています。

ITの最前線でお客様にもっとも近い存在でありたい

お客様から信頼されることが、私の支えになっています。そのためにレスポンスのスピードを大切にしています。私よりも仕事ができるエンジニアはたくさんいます。「遠い親戚より近くの他人」ということわざがありますよね。どんなに優秀なエンジニアでも、お客様に対するレスポンスが悪かったらどんどん遠い存在になってしまう。でも私は近い存在でありたいのです。お客様と私の距離が縮まって良い仕事ができれば、試合が行われているスタジアムとファンの距離も縮まって、いつかITの力でその境界線すらなくせるんじゃないかと想像しています。
2020年には東京オリンピックがあります。私がやっている仕事は東京オリンピックにつながっている気がしています。今は「スポーツのサイトならアイレットに任せれば大丈夫」っていう実績を積み上げたい。オリンピックの醍醐味は、マイナースポーツにも光があたり新しいヒーローが誕生するところです。私はITの最前線で、誰よりも生々しく目撃したい!って楽しみにしているんです。

アイレットで働く人たち