トップインタビュー

TOPINTERVIEW

個人の成長が会社の成長の源泉に。
最先端を追い続ける最高の
テクノロジーカンパニーを目指す。

  • アイレット株式会社
    代表取締役社長 齋藤 将平
  • アイレット株式会社
    代表取締役副社長 岩永 充正

お客様に寄り添った行動を徹底し賞賛される共通の価値観を醸成。

夢中になれる、社会を支える仕事を。

アイレット株式会社
代表取締役社長 齋藤 将平

2003年にとても小さなベンチャーとしてアイレットを創業したとき、大手のシステム開発会社に太刀打ちするために考えたことがあります。
大切なのは「スピード」と「適正なコスト」だと。
スピードにも、いくつかあります。「判断のスピード」、「求められたことに対する結果を出すスピード」。つまりお客様から受けた依頼は、どのような形であってもすぐにアウトプットを見せること。お客様からの信頼を獲得するためにこれらの「スピード」はとても重要だと考えました。現場のPCを常に最速のモデルにしてきたのもそれが理由です。現場がとにかくよく斬れる刀を持つことが大事なんです。

また、一般的に大きなプロジェクトになると、この業界特有の多重下請けモデルもあって、何人ものエンジニアが投入されるので、莫大なコストがかかります。そこでアイレットがこだわったのは「内製化」でした。
最先端の技術に精通した機動力のあるエンジニア集団が自社にいれば、下請けなしに適正なコストでシステム開発が行えると考えました。新しいテクノロジーを自分たちのツールとして使いこなす文化は、創業当時からありました。そしてシステムの開発がゴールではなく、お客様のビジネスの成功こそが私たちの成功であるとゴールを定め、お客様に寄り添った行動を徹底し賞賛される価値観を醸成したのです。

これからはもっと若い世代が前線に立てるような組織づくりを目指そうと考えています。経験豊富なメンバーが後ろ盾になって、若い世代がボイスコンピューティングやIoT、VRなど最先端のテクノロジーに斬り込んでいく様子を想像しています。
この業界は、次から次へと新しいテクノロジーが登場して、あっという間に社会の姿を変えてしまう。きっと人生を賭けてもなお、夢中になれる世界だと思っています。

一人ひとりの成長が、最高の組織をつくる。

アイレット株式会社
代表取締役副社長 岩永 充正

2017年にアイレットは、KDDIグループに入りました。まったく違う規模の組織の一員となったわけですが、アイレットはKDDIグループの中で、テクノロジーを極めていける組織であり、『最高の技術会社』を目指せる独立したカンパニーとして存在しています。アイレットにはこれからもベンチャー魂を変わらず灯し続けることが期待されています。
Amazonのクラウドを器用に使いこなす力があり、システム開発の実力も実績も折り紙つきのアイレットが、KDDIという巨大なアセットを活用することで、さらに成長できる環境になったと考えています。KDDIグループのさらなる成長に必要な『動力源』として中核を担いますので、アイレットの活躍する場はますます増えていくことでしょう。

ところで、どんな学生生活を過ごしたら良いですか? という質問を受けることがありますが、学ぶにしろ、遊ぶにしろ、自分の成長を感じながら過ごしてほしいとお答えしています。その真意をこの場を借りてお伝えしたいと思います。
スマートフォンの普及で、皆さんの学生生活も一変しました。便利なツールのおかげで、対面しないコミュニケーションが増えています。遊んでいれば誰かと対面する機会が増えますし、お金だってかかります。お金が必要になれば、アルバイトを通じて社会の一部を体験するようになります。そうして対面のコミュニケーションが増えれば、相手を「鏡」にしながら、自分の成長が実感できるようになるはずです。

アイレットは、個人が成長することで、会社が成長してきた歴史を持っています。14年前には小さかった会社が、今や日本のクラウド活用の分野で業界を牽引するほどの力を持っています。

これからは若い世代の皆さんが、最先端のテクノロジーを追い続けるエンジニアとなって成長して、力を合わせて最高のテクノロジーカンパニーを創っていきたいと心から願っています。