社員一人ひとりが自分に合った働き方を
実現できる「自由」がアイレットの魅力

社員紹介を通して2018年にアイレットに入社。2019年10月に開発第二グループのリーダーに就任。ビッグデータを軸とした収集基盤の構築・開発を担当。休日は、社員同士で買い物や、小旅行に出かけリフレッシュしている。

ポートレート写真2

「自由」というアイレットの印象は、入社しても変わらない

「名古屋オフィスはどんどん人数が増えて、賑やかになってきました。人数が増えても働き方は変わらず『自由』です。仕事の進め方もそれぞれで好きな方法を採用しています。裁量労働制を活かして、早めに仕事を切り上げてコミュニティ活動に参加したり、趣味の時間を作ったりとみんな生き生き働いていますね。そこがアイレットの魅力だと感じています。あとは個人的にスーツが苦手だったので私服勤務はありがたいですね(笑)」

ポートレート写真3

やらされてやるのではなく、自ら楽しんでやるチームへ

國分のチームは、「楽しくチームで仕事ができること」をモットーに掲げ、インフラの構築からシステム開発、監視設定までをワンストップで提供できる組織を目指している。

「働いている上で、辛い仕事もあると思います。でも、辛い仕事こそ楽しんで仕事ができるチームを作っていきたいですね。まだ発足したばかりのチームなので、こういうチーム作りをしたいという考えをメンバーに染み込ませていくのが僕の課題です。また、まだまだインフラ部隊が多いので開発者の採用を強化していきたいです。僕のチームではメンバーが何をやっているのかを把握して自ら進んで動ける仲間を求めています。開発者が増えたら開発スキルの勉強会も開催していきたいですね。」