新しい技術・サービスが次々に生まれる世界で、
新しいことに挑戦していく

2016年、名古屋オフィスの立ち上げメンバーとしてアイレットへ入社。
現在はグループリーダーとして、AWSの構築業務に加え、チームのマネジメントとメンバー増員に注力している。裁量労働制を活用し、家族との時間を増やすのはもちろん、VRセミナーやユーザー会にも積極的に参加している。

ポートレート写真2

コミュニケーションを図ることで常にモチベーションが高い組織へ

塚本は、チーム内で「コミュニケーション」を特に大事にしている。アイレットはコミュニケーションツールの「Slack」を活用して常にわからないことや不安点など密なコミュニケーションを図っているが、しっかりと直接会話ができる関係を構築している。会話をすることで、メンバーの表情の違いなど細かいところにも気づくことができている。今後の目標はチームメンバーの増員だという。

「チームを大きくして、新しいことに挑戦していく部隊を作りたい。同じチームの中で様々なことを融合させて、チームのメンバーがやる気をもって働いていけるような組織を作っていきたいです。そのためにもメンバーとのコミュニケーションをなによりも大事にしていきたいですね」

塚本は、採用する人材について「クラウド未経験でも問題ない」と話す。常にモチベーションを高めて、やる気を表に出していけるエンジニアを求めている。

ポートレート写真3

迷っているなら飛び込んでみてほしい

クラウドの世界は「とにかくやってみよう!」ということが多い。新しい技術・サービスが次々に生まれる世界で、自分からどんどん試していかなければいけない。塚本は、転職も同じように考えている。
「僕のインタビューを読んでいるということは、今の生活に対して何かを変えたいと思っているはずです。僕も転職の経験はありますが、気になってるのであれば飛び込んでみるといいと思います。どちらにせよ、後悔はしないはずです。」