メッセージ

どんな個性も生かせる人間力のある会社でありたい。

2015年8月、港区の3つのロケーションを統合し、虎ノ門ヒルズにオフィスを構えたアイレット株式会社。
この記念すべき節目のときに改めて経営者の3人に話を聞いた。

オフィスを集約してよりコミュニケーションを深める

虎ノ門ヒルズにオフィスを集約されたそうですが。

齋藤我々が会社経営において重きを置いているのは、採用と社員が働きやすい環境をつくるということです。2014年に完成した虎ノ門ヒルズという新たなランドマークを選ぶことで認知度も上がって採用の効率もよくなりますし、「あの会社、面白いことやっているな」と思ってもらえたらいいですね。また1つのロケーションに集約することで社員のコミュニケーションを強化したい、人間力をアップしたいという思いもあります。

伊東これまで仕事上接点の無かったメンバー同士が立ち話などをしているのを見かけると嬉しくなりますね。

鈴木2014年に虎ノ門ヒルズに入ってから実際に素晴らしい人材を採用でき、1年で社員も30人くらい増えました。今のところ狙い通りにいっています。

2003年に起業してから、オフィス移転、社員の増加、cloudpack事業の立ち上げ、APN(AWS Partner Network)プレミアコンサルティングパートナーに選出されるなど、数々の節目があったと思いますが、それぞれが思う節目、ターニングポイントはいつですか?

伊東採用の点からは、2011年2月に港区のマンションからオフィスに移転したときですね。事務所の体制を整えることで、人を受け入れられる体制が整いました。サービス面で24時間365日のサポートができる体制になったのも大きいですね。

鈴木自分の中では特にターニングポイントはないです。毎日が忙しくて必死に食らいついていたら、気づかないうちに人も売上も増えていた。会社が柔軟に変化できる状態なので、何かのタイミングで大きく変化したということではなく、徐々に変わっていったように思います。売上は気づいたら20億を超えていて、壁はどこだったんだろう?と今になって振り返るような感じです。

齋藤私にとっては、自分が直接ハンドリングをしていたのが、自分なしでも組織が自発的に、また能動的に動くようになったときです。起業してから8〜10年経った頃から、直接ハンドリングしなくても売上が上がる、皆が上を見て動く、そんな仕組みができたと思います。

今も起業時の思いは変わらない

起業時から組織や体制は変わりましたが、企業理念や目指すものは変わりましたか?

齋藤「スピード」そして「新しいものにチャレンジする」、今までと理想とするところは変わりません。これまでにも言ってきた「最先端を追いかける技術者集団」や「誰もが認めるおもしろいベンチャー企業」でありたいという気持ちは変わらず続いています。

伊東人が増えてきたので、社員のみんなに「アイレットにいたい」と思ってもらいたい、アイレットを好きでいてもらうためにできることはないか、と考えることが1つ加わったと思います。

鈴木会社の状況は起業時と変わっていますが、仕事をして稼ぐ、稼いでかつやりたいことをやる、というスタンスは変わっていません。

アイレットの強みは何だと思いますか?

齋藤やはり、人とコミュニケーション力です。

伊東事業部長など、リーダーの強さですね。チームごとの独立採算制を導入していますので、リーダーに任せている部分が大きいです。

鈴木判断の早さです。ここにいる3人だけでなく、リーダーにも言えることですが、企業文化になってきていると思います。素早く判断を下すことで、何かトラブルがあっても手遅れにならない、他社に負けないスピードで対応できるというのが強みですね。

人を大切にするということでいうと、ユニークな福利厚生の制度がありますよね?

伊東社員の声を聞いて、それまで役員が気づいていなかったことで、「それいいじゃん」と思ったものは、実現可能かを検討して導入するようにしています。

鈴木例えば、毎週行っている飲み会の席で、遠くから通っている社員が繁忙期仕事に集中する力を温存するために、自腹でグリーン車に乗っているという話を聞きました。そこですぐに伊東と相談して、グリーン車手当制度を実現しました。

日本で初めて3年連続でAPNプレミアコンサルティングパートナーに選ばれています。会社も急成長されていると思いますが、どのようにお考えですか?

齋藤何年連続でも獲らなくてはいけないものだと思っています。ただ3年連続で選ばれたことで、リーダーシップが芽生えています。自分たちが先導してクラウドを広めていきたい、AWSのパイオニアとして引っ張っていこうという気持ちです。 会社としては、お客様のビジネスの根幹の部分にまで関わってお手伝いできるようになり、チャレンジする幅が広がりました。ただこの数年ですごく成長した、売上が増えたという感じではなく、人が増えたのも売上が増えたのも、必然的な変化というところですね。

伊東財務の面からみると、多くの企業から引き合いが増えたことで、信用を積み重ねることができ、融資などを受けやすくなったというメリットがあります。

現在のアイレットのメンバーはどんな方々ですか?

齋藤人が増えてきたので多種多様な人がいますが、個性が強い人もまとめて束ねられるような会社でありたいと考えています。どんな人でも能力を出し切れるような環境を整え、発信していけるような場所にしたいです。

思い描いているアイレットの未来像はありますか?

齋藤我々の仕事は、5年後も予想がつかないような流れの速いところにあると思いますので、確固としたイメージを目指していくというより、時代の流れに乗りながら柔軟に対応していくことになると思います。決めていることといえば、アイレットの皆で入る老人ホームを作りたいということぐらいですね(笑)。年を取ってもワイワイやりたいじゃないですか。
社員に求めることとしては、人間力、コミュニケーション力です。

よく聞く言葉ではありますが、根本的な人間力が高ければ、同じことを聞いたときの理解力も変わってくるし、お客様の本当に必要としているものや欲しいものがわかると思います。本当に相手を理解して話していたら、たとえ何かトラブルが起こったとしても関係をこじらせるような事態にはなりません。会社の文化として新しいメンバーにも浸透させていきたいと考えています。

  • 齋藤 将平Facebook

    代表取締役
    1977年、千葉県生まれ。ベンチャー企業にて大規模な予約システムの設計から構築、そして運用までを一手に担当。
    2003年、IT技術の最先端を追いかける技術者集団としてアイレット株式会社を設立し、代表取締役に就任。
  • 鈴木 宏康Facebook

    取締役
    1975年、愛知県生まれ。東京工業大学大学院修士課程修了。在学時より、ベンチャー企業でインターネットに関する業務に携わり、現在はクラウド(主にAmazon Web Services)上での開発・運用を軸とした事業の、業務の中心として活躍。
  • 伊東 賢二Facebook

    取締役
    1977年、千葉県生まれ。IT関連の様々な職種を渡り歩き、どのような分野でもキャッチアップできる柔軟性を身につける。2003年、アイレット株式会社の設立に参画し、持ち前の柔軟性で社内外の潤滑油として活躍。

Webシステム開発・構築のアイレット株式会社(iret Inc.)